検査事業

安全安心な食品を提供するのは食品関係営業者の責務です。愛知県では「食品衛生に係る営業の基準に関する条例(平成12年3月28日 条例第10号)」により”営業者は、食品取扱者に対し年2回以上の検便を受けさせるとともに、食品取扱者の食品衛生上必要な健康状態の把握に努めること”となっています。安城支部は、食品衛生センター(大府市)の窓口として各種検体検査の受付を行っています。

 

秋期一斉検便についてはこちら